03-5608-1315
インフォメーション

 
戻る ビジネスパートナー ホーム 会社案内 催事情報
 
ホーム>端面検査機/自動清掃/形状評価システム>多芯用光ファイバ端面三次元測定器
  多芯用光コネクタ端面三次元測定器
 
 製品カタログ(PDF48KB
 英文カタログ
 システム導入までの流れ
 見積り依頼
 
 < 用途 >
  ・多芯コネクタやアレイタイプの端面形状測定が必要な方に。
  ・測定を全自動で行いたい方に。
  ・測定を短時間で、スムーズに行いたい方に。
  ・IECの規格に準拠した測定が可能です。

 < 特長 >
  ・多芯コネクタを全自動で測定できます。
・0°から8°の斜め研磨はNIST traceable standardで、正確性は±0.01°です。
・マイケルソン干渉計により、高解像度で表示されます。
・最大で24芯の曲率半径・斜め研磨角度・ファイバ突き出し量(各高さの平面度・各高さの差・各高さの偏り)・コアディップなどを、
 一括で測定できます。
  ・0°〜13°の間で様々な角度のマウントがあり、正確性は±0.01°です。
・特許を取得したTrue Angleコネクタマウントにより、コネクタの角度を正確に測定できます。
  ・赤色光源は3秒以下で平らな端面を、白色光源はでこぼこした端面を測定します。ワンクリックで、赤色光源と白色光源の切り替えができます。
  ・データは、Excelの形式で保存可能です。
  ・IEC、TIA Guidelinesに準拠した、合否判定機能がついています。
  ・特許を取得したTrue Angleコネクタマウントにより、コネクタの角度を正確に測定できます。
   また、Edge alighmentマウントを使用すると、コネクタ端面全体を確認できます。

  <品番>  AC-3005
  範囲 再現性(測定者が複数の場合) 再現性(測定者が複数の場合)
  ファイバ突き出し量(各高さの平面度) ±10um ±0.02um ±0.01um
  ファイバ突き出し量(各高さの差) ±10um ±0.02um ±0.02um
  ファイバ突き出し量(各高さの偏り) ±10um ±0.02um ±0.02um
  表面角度(X) ±0.5° ±0.02° ±0.005°
  表面角度(Y) ±0.5° ±0.02° ±0.005°
  対応コネクタ MT、Mini-MT、Fotron、MiniMAC、MPO、MPX、MTP、MT-RJなど 
測定原理 マイケルソン干渉計
  光源 白色光源-タングステンハロゲン
  カメラ CCTV with 8.8mm x 6.6mm
  イージーフレームサイズ 256x 240 pixels
  水平分解能  11 Angstroms
  横方向分解能 7 microns
  拡大倍率 45X
  Field Of View(視野) 1600 microns wide
  OS Windows 7(専用PC 英語版) 

サイトマップ English 個人情報保護方針及び個人情報の取り扱いについて
  COPYRIGHT© MIKI Inc, ALL RIGHTS RESERVED.