03-5608-1315
インフォメーション

 
戻る ビジネスパートナー ホーム 会社案内 催事情報
 
ホーム>端末検査/自動清掃/形状評価システム>光フィバ自動清掃&傷検査システム
 光ファイバ自動清掃&傷検査システム
   本製品は単芯・多芯を問わず、複数のコネクタやレンズの端面清掃と端面傷判定検査を全自動で行う産業用ロボティクス装置です。
   研磨された光コネクタ・光学レンズに付着する汚れを確実に除去することや端面に傷汚れが無いことを検査することは、
   製造メーカーにおける品質保証・歩留まり低減、更にはClientに対する信用維持に向け必要不可欠です。
   MT/MPOコネクタなどファイバ多芯化が進む今日、大量生産する工程で一芯づつ"ヒト"が検査することはとても非効率です。
   またSCやLC等、単芯でも出荷前清掃と傷検査を人と時間を掛けずにこれら工程を自動遂行し全数記録を残すことは、生産品の短納期化に
   繋がるだけでなく、全体の生産コストを大幅に削減します。
 
 製品カタログ(PDF1212KB)
 英文カタログ
 システム導入までの流れ
 見積り依頼

< 概要/特長 >
・画像キャプチャ: DualCameraの搭載とX-Y-Z軸可動システムで72芯MTフェルール全域を撮影できる特殊技術を有しています。
・設置プレート:1.25mm/2.5mm/MTフェルール用設置プレートの他、ユーザーデザインのレンズデバイス用のプレートも対応可能です。
・清掃技術: 特許技術の清掃方法で、フェルール・レンズ全域の油脂や炭素微粒子を含む種々ダストを確実に清掃します。
・制御ソフト: 自動制御するソフトウェアは、傷・汚れの合否判定を行い、端面画像を記録できます。
・規格: 検査判定の規格はユーザー独自で入力できますが、IPC8497-1やIEC61300の判定規格がプレインストールされています。
・準拠: 上記の他、Telcordia GR-2923の清掃方法に準拠してます。
・測定エリア基準: セットされた光コネクタやレンズの密閉エリアを基準付けし、傷判定や清掃エリアを自動計算します。

  <品番>  AVIT
  検査& 清掃領域 最大600mm x250mm
  スループット 4秒/ファイバ
  撮影距離 25mm
  カメラ分解能( フェルール) 単芯フェルール用:5um/ピクセル  MT多芯用:15um/ピクセル
  カメラ分解能( ファイバ) 0.4um/ピクセル (0.27um/ピクセル=高分解能オプション)
  クリ- ンルーム Class1000以上
  寸法・重量 AVIT:1.1 x 0.7 x 1.45m、136kg MiniAVIT
  電源 110V-AC、15A

サイトマップ English 個人情報保護方針及び個人情報の取り扱いについて
COPYRIGHT© MIKI Inc, ALL RIGHTS RESERVED.