03-5608-1315
インフォメーション

 
戻る ビジネスパートナー ホーム 会社案内 催事情報
 
ホーム>端末検査/自動清掃/形状評価システム>MPO-16/32対応・光コネクタ端面3次元形状測定器
  MPO-16/32対応・光コネクタ端面3次元形状測定器 
    Norland Products社製“GL16-AiO”は、MPO16芯(1段式)やMPO32芯(2段式)の広域端面にも対応した、
    視野域(Field Of View)の広い端面形状測定器です。
    Aio(All in One)システムで構成されている本装置は、外付けのPCを必要としないLinuxOS内蔵、
    タッチパネル式の操作環境で、誰でも簡単に測定できます。
    
 製品カタログ
 英文カタログ
 システム導入までの流れ
 見積り依頼

 < 用途 >
  ・多芯・単芯の端面形状測定が必要な方に。
  ・高精度な測定を自動で、簡単に行いたい方に。
  ・測定を短時間で、スムーズに行いたい方に。
  ・IECの規格に準拠した測定が必要な方に。

 < 特長 >
  ・多芯・単芯コネクタの形状測定(End Face Geometory)を全自動測定できます。
・ナノ表面計測で定評のある“クローズド・ループ・ピエゾ・スキャナ”を採用しているので、
 従来のピエゾスキャナの持つ非線形特性をキャンセルし、広範囲でも歪みのない表面形状測定が可能です。
・拡大図、突き出し量、研磨確度のキャリブレーションは、NIST traceable standardsです。
・MPO16芯(1段式)やMPO32芯(2段式)の広域端面をスライドさせることなく、1回で測定できます。
  ・最大で72芯を、一括で測定できます。
・測定時間はMT12芯で8秒、SC等の単芯は3秒以下です。
  ・倍率や0度/8度アングルはNISTトレーサブルされており、数値の信憑性を裏付けることができます。
  ・イーサネット接続で外部制御やデータ転送ができ、USB3.0ポートでバーコードリーダやキーボードが使えます。
  ・振動や微振動の影響を受けず、再現性の高い測定が可能です。
  ・カメラは、自動で焦点を合わせます。
 

  品番 GL16-AiO
  測定原理 マイケルソン干渉計
  対物レンズ 0.24NA-光解像度 1.4microns
  FOV(視野) 4.2mm wide x 2.4mm high
  ピエゾスキャン範囲 80um
 
  <測定精度>
  Repeatability※1 Reproducibility※2  対象範囲 
  曲率半径 0.15% 0.15% 3.0mm〜Flat 
  ファイバ高さ(多芯) 0.005um 0.010um   0〜35um
  ファイバ高さ(単芯) 0.0005um  0.001um -35um〜35um
  端面角度(X/Y軸) 0.001°  0.0015° 0〜0.5°
  頂点ずれ 0.3um  0.7um 0〜500um
  Minus Side Coplanarity
コアディップ精度
0.003um  0.005um  0〜35um
  ※1 Repeatability:コネクタを抜き差ししない状態で50回の繰り返し再現性を測定した数値。
  ※2 Reproducibility:コネクタを都度抜き差しして50回の繰り返し再現性を測定した数値。ともに1Σの数値です。
     

サイトマップ English 個人情報保護方針及び個人情報の取り扱いについて
COPYRIGHT© MIKI Inc, ALL RIGHTS RESERVED.