多芯コネクタ(MT/MPO/PRIZM-LightTurn等)端面検査/判定器

スクロール不要で作業時間を大幅短縮!!全芯一括モニタ一式端面検査&傷判定装置

用途

  • 多芯コネクタ端面の画像を一括で取り込み保存。
  • 多芯コネクタ(MT/MPO/PrizmLightTurnなど)の端面検査のタクトタイムを削減したい方に。
  • 多芯コネクタ(MT/MPO/PrizmLightTurnなど)の端面傷判定業務のスループットを向上したい方に。
  • 端面の研磨状態・清掃状態を、管理・報告する方に。

特長

  • 走り傷、ビット痕や欠け、汚れを判別し、合否判定・レポート作成機能搭載。
  • 一芯一芯をスクロールすることなく、全芯を一括でキャプチャーできます。
  • オートフォーカスで、素早く焦点を合わせます。
  • 端面の状態を確認するCoaeseモードと、より正確に端面に焦点を合わせるFineモードがあります。
  • 全芯一括表示画面と単芯表示画面で確認できます。
  • パソコンから操作でき、データの保存・出力も可能です。
  • お好みの設定で、清掃状態の合否判定ができます。
  • ガイドピン有り/無し、どちらも測定できます。
  • PC研磨、APC研磨どちらも測定できます。
  • MT系以外のファイバアレイやレンズアレイ用のインターフェースも対応可能です。

仕様

品番 Fast MT 80・200・400
光インターフェース MPO、MT(ピン有り・無し、フラット・APC両研磨対応)、PrizmLightTurn、MIL38999
測定時間 6~8.4秒/12芯、36~50秒/72芯
画像解析 IPC/IEC準拠
内蔵光源 ブルーLED、寿命10万時間以上
寸法/重量 10.8高 x 16幅 x 26.8奥(cm)