光パワーメータ(OP735シリーズ)

目的に応じた受光部の種類を豊富にラインナップ

用途

  • 光ファイバー出射のパワーを測定したい方に。
  • 光ファイバーや関連部品の損失測定に。

特長

  • 受光部のラインナップが豊富です。
  • ボタンが4つしかなく操作が簡単です。
  • 生産工程に適した日本語の制御ソフト※1があります。(オプション)
  • 変換アダプタで各種コネクタに対応出来ます。(SC/FC/MU/LC/MPO他)
  • MPOやベアファイバの測定に便利な積分球パワーメータの型式もあります。
  • 受光面は全てコネクタ端面と非接触なARコートガラスなので、PC研磨やAPC研磨に対応しています。

※1 MT/MPO/MTP/PrizmLTは(R)IN5と(R)IN10のみ対応可能。