据え置き型可変減衰器

デジタル式のため、シームレスに減衰します。

用途

  • 減衰量を正確・簡単に設定したい方に。
  • シームレスな測定をお求めの方に。
  • SM用・MM用どちらも対応しております。

特長

  • 減衰量の調節が簡単にできます。
  • 小型のため、持ち運びに便利です。
  • SM用は最大40dBまで、MM用は最大60dBまで減衰できます。

仕様

シングルモード用

波長 1310nm、1550nm
減衰量 0~40dB
分解能(0-10dB) 0.1dB
分解能(10-20dB) 0.5dB
分解能(20-40dB) 1.0dB
挿入損失 平均 0.5dB、最大 1.0dB
反射損失 平均 50dB
P D L <0.15dB(0~20dB)、<0.30dB(20~40dB)
使用温度 -0~70℃
保管温度 -20~70℃
寸法 67×36×15 mm

マルチモード用

波長 850nm、1310nm
減衰量 0~60dB
分解能(0-20dB) 0.25dB
分解能(20-60dB) 0.5dB
挿入損失 <1.5dB
正確性(0-20dB) <0.5dB
正確性(20-60dB) <1.5dB
内部ファイバー GI 50/125um
接続ポート RS232
動作温度 -20~70℃
保管温度 -20~70℃
寸法 210 x 190 x 90 mm